カルマ

ガラス玉ひとつ 落とされた
追いかけてもうひとつ 落っこちた
ひとつ分の陽だまりに
ひとつだけ残ってる

心臓が始まった時
嫌でも人は場所を取る
奪われない様に 守り続けてる

汚さずに保ってきた
手でも汚れて見えた
記憶を疑う前に
記憶に疑われてる

必ず僕らは出会うだろう
同じ鼓動の音を目印にして
ここに居るよ いつだって呼んでるから
くたびれた理由が重なって揺れる時
生まれた意味を知る

存在が続く限り
仕方無いから場所を取る
ひとつ分の陽だまりに
ふたつはちょっと入れない

ガラス玉ひとつ 落とされた
落ちた時 何か弾き出した
奪い取った場所で 光を浴びた

数えた足跡など
気付けば数字でしか無い
知らなきゃいけない事は
どうやら1と0の間

初めて僕らは出会うだろう
同じ悲鳴の旗を目印にして
忘れないで いつだって呼んでるから
重ねた理由を 二人で埋める時
約束が交わされる

鏡なんだ 僕ら互いに
それぞれのカルマを 映す為の
汚れた手と手で 触り合って
形が解る

ここに居るよ 確かに触れるよ
一人分の陽だまりに 僕らは居る

忘れないで いつだって呼んでるから
同じガラス玉の内側の方から
そうさ 必ず僕らは出会うだろう
沈めた理由に十字架を建てる時
約束は果たされる
僕らはひとつになる

KARMA

GARASU tama hitotsu otosareta
Oikakete mou hitotsu okkochita
Hitotsu bun no hidamari ni
Hitotsu dake nokotteru

Shinzou ga hajimatta toki
Iya demo hito wa basho wo toru
Ubawarenai youni mamoritsudzuketeru

Yogosazu ni tamotte kita
Te demo yogorete mieta
Kioku wo utagau mae ni
Kioku ni utagawareteru

Kanarazu bokura wa deau darou
Onaji kodou no oto wo mejirushi ni shite
Koko ni iru yo itsudatte yonderu kara
Kutabireta riyuu ga kasanatte yureru toki
Umareta imi wo shiru

Sonzai ga tsudzuku kagiri
Shikatanai kara basho wo toru
Hitotsu bun no hidamari ni
Futatsu wa chotto hairenai

GARASU tama hitotsu otosareta
Ochita toki nanika hajikidashita
Ubaitotta basho de hikari wo abita

Kazoeta ashiato nado
Kidzukeba suuji de shika nai
Shiranakya ikenai koto wa
Douyara ichi to ZERO no aida

Hajimete bokura wa deau darou
Onaji himei no hata wo mejirushi ni shite
Wasurenaide itsudatte yonderu kara
Kasaneta riyuu wo futari de umeru toki
Yakusoku ga kawasareru

Kagami nanda bokura tagai ni
Sorezore no KARUMA wo utsusu tame no
Yogoreta te to te de sawariatte
Katachi ga wakaru

Koko ni iru yo tashikani sawareru yo
Hitori bun no hidamari ni bokura wa iru

Wasurenaide itsudatte yonderu kara
Onaji GARASU tama no uchigawa no hou kara
Sousa kanarazu bokura wa deau darou
Shizumeta riyuu ni Jyoujika wo tateru toki
Yakusoku wa hatasareru
Bokura wa hitotsu ni Naru